看護師のための転職先の選び方

ホームへ

避けたいブラック病院の見抜き方

看護師のための転職先の選び方

記事一覧

ブラック病院を事前に見抜く

ブラック病院を事前に見抜く

ブラック病院にご用心

ここ何年かブラック企業という言葉をよく耳にするようになりました。インターネットを調べてみればブラック企業に関する様々な研究や考察もありますし、ブラック企業に勤めた経験がいかに苦しいものだったかを語るような体験記も多く出てきます。そして看護師が勤務することになる病院は企業ではありませんが、ブラック企業と同じく労働条件が著しく悪かったりコンプライアンスが守られていなかったりする病院はブラック病院と呼ばれています。
せっかく何かしらの希望を持って転職をするのですから、ブラック病院で働いてしまうことの無いように注意しましょう。

年齢構成は1つの指標

さて、ブラック病院で働いてしまうことの無いように転職活動をする際の注意点ですが、まず求人情報などを見て年齢構成に変な偏りのある病院があればそこは避けた方が無難です。ブラック企業やブラック病院の典型的な特徴なのですが、こうした職場はまず人が育ちませんし若手が居着きません。そのため平均勤続年数が短く、職場内には大量の若手とごく少数残った勤続年数の長いベテランのみでミドルエッジの人材がいないということになるのです。

求人広告の掲載頻度

他にも求人広告から分かることは多く、内容以外にも例えば求人広告の掲載頻度もチェックしたいポイントです。たまたま団塊の世代の一斉退職があったとか、あるいは病院や施設を大きくするので大量に人材を増やす必要が生じたなどという場合を除き、健全な病院が看護師を何度も採用するようなことはありません。そのためあまりにも求人広告の掲載頻度が高い勤務先というのは人の定着率が低く離職率が高い可能性があるのです。
こうした職場はブラックであると言えるでしょう。

病院見学で見たいポイント

求人広告の内容や掲載頻度以外にも転職活動時に見るべきポイントは多く、それは病院で働く先輩看護師の姿です。まず求人に応募するにあたっては職場の見学を申し出ましょう。そしてその申し出を断ってくる職場の場合は、その時点でブラック病院の可能性が非常に高いと言えます。見られて困ることが多いから、見学などを受けつけてくれないのです。
そして見学が許された場合も油断をしてはいけません。例えば看護師に全く笑顔がなくどの人も険しい顔付きをしている場合は少なくとも良い職場ではない可能性があります。またその逆に空気が緩みきっており、誰も真面目に働いてないような職場も避けるべきでしょう。こうした職場の仕事自体は楽な可能性が高いのでそういった意味ではブラックでは無いかもしれません。しかし責任ある仕事をする病院としては問題があると言えるので、将来トラブルが発生しそれに巻き込まれる可能性があります。

求人広告から転職先を選別

ブックマーク推奨ページ

良い職場への転職ノウハウ 転職サイトがフルサポート
転職サイトがフルサポート

いざ転職活動をしようと思っても何から始めたら良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そのような場合であればまずは転職サイトに登録することから始めましょう。近年は転職サイトを通して転職をする方が増えており、王道の転職方法と言えます。

求人広告から転職先を選別 人間関係の良さの見極め方
人間関係の良さの見極め方

人間関係が良い職場であれば自然と多くの人が長く勤務することになります。なので、幅広い年齢層の人が勤めている職場かどうかを詳しく見れば、かなりの確率でその職場の人間関係の良し悪しを予測できます。他には、自分と同じタイプの人が多い職場かどうかもチェックすると良いでしょう。