看護師のための転職先の選び方

ホームへ

病院の選び方「総合病院」の特徴

看護師のための転職先の選び方

記事一覧

待遇面で優れている総合病院

待遇面で優れている総合病院

勤務先は大きい方が良い?

これは看護師の方に限らないことですが、いざ転職をしようとした時に規模の大きなところに勤めるか、それとも逆に規模の小さいところに勤めるかは迷われるところだと思います。規模の大小どちらに勤めるのが良いのかについては、誰にでも当てはまる正解というものはありません。大切なことは大小それぞれにどのような特徴があって、自分はどちらが合うのかを理解することが大切です。そのためにこの記事では看護師の方の勤務先として、まずは規模の大きい総合病院についての情報をお届けします。

総合病院とは

ところで総合病院かどうかを切り分けるのに、明確な基準があるかどうかはご存知でしょうか。実は1996年までは医療法によって総合病院と呼称される基準が明確に示されていました。そしてその基準は受け入れ可能な患者数の規模と取り扱っている診療科目によって定義され、「病床数が100床以上で内科や外科、それに耳鼻咽喉科に眼科、また産婦人科を備えていること」とされてきました。しかし1996年以降は医療法が改正したため、この定義は当てはまら無くなります。現在の医療法ではそもそも大病院というくくり自体が無くなりました。よって現在は総合病院に対して明確な定義はありません。
そのため今現在総合病院として看板を掲げている病院は、それぞれの病院の判断でその看板を掲げていることになります。そのため必ずしも総合病院と名乗っている病院が実際に規模の大きな病院というわけではないので注意が必要です。ただそうは言ってもある程度以上の病床数を誇り、複数の診療科目を開設しているところでないと総合病院を名乗らないことが多いので、ある程度名称は信頼して良いでしょう。どうしても不安な場合はその病院の受け入れ可能な患者数や、取り扱っている診療科目の種類を確認すれば総合病院と呼んで差し障りない規模か否かの判断はつくかと思います。

総合病院で働くメリット

さて、それでは総合病院で働くことのメリットですが、まず1番は規模の大きさによって経営が安定している場合が多いので、病院が潰れるような心配はしなくて良いことです。これは大企業の方が中小企業より安定していることに近いかもしれません。特に近年は医師や看護師の採用に苦戦する病院が多く、規模の小さい病院ではそうした人事の採用力も低いため、経営の安定性に不安が持たれています。
また規模の大きな病院の方が一般的に福利厚生や研修に関する教育システムなどが充実していることが多く、安心して働いていける環境が整っていると言えるでしょう。

看護学生にも役立つ情報種類で違う病院の特徴

ブックマーク推奨ページ

良い職場への転職ノウハウ 転職サイトがフルサポート
転職サイトがフルサポート

いざ転職活動をしようと思っても何から始めたら良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そのような場合であればまずは転職サイトに登録することから始めましょう。近年は転職サイトを通して転職をする方が増えており、王道の転職方法と言えます。

求人広告から転職先を選別 人間関係の良さの見極め方
人間関係の良さの見極め方

人間関係が良い職場であれば自然と多くの人が長く勤務することになります。なので、幅広い年齢層の人が勤めている職場かどうかを詳しく見れば、かなりの確率でその職場の人間関係の良し悪しを予測できます。他には、自分と同じタイプの人が多い職場かどうかもチェックすると良いでしょう。